熊手かき

アラフォーワーママの育児日記。そのほかにも好きなモノ中心に書いてます。読書、映画、ディズニー、リウマチ等々

ディズニー英語教材を体験しました

 今日はこの前のたまひよパークでお話を聞いたディズニーの英語教材の体験説明を受けました。家に来てみっちりと教えてもらう。旦那は当初から乗り気ではないです。でも、わたしは幼稚園の時からイギリス人に英会話を習っていてすごく楽しかったんです。あ、ちなみにわたしは発音は褒められても英語の勉強はできません。あの時の楽しさが忘れられなくてたっくんにも体験して欲しいなって。だから、今回の教材は全くなし!ではなくて。もちろん、先立つ物がいるので軽はずみには決められないですけれど。

 この教材は全て終了すると高校卒業程度の英語が身につくらしい。教材は豊富です。やっぱり1番のアピールポイントはディズニーのキャラクターが話すってところですよね。聞いていて楽しい。ディズニー好きならなおさらです。ただ、聞くだけで文法も覚えられるっていうのは本当なのかなって。それは体験したことないからわからんちん。赤ちゃんのうちはどんな言語も身につくらしいから早いほうがいいのはわかってます。外国語を覚えると性格もグローバルになるとかならないとか。だからやらせたくないわけじゃないけれどお高いです。諭吉さんが月々飛んでいく。

 わたし自身はマルチリンガルに憧れがあります。母国語のように外国語を身につけられたらどんなに素敵だろうって思う。でも、たっくんにとってはどうなんだろう。親のやりたいことの押し付けにならないかな?でもこれからは英語の重要性も増して行くし、ありがとうって言ってもらえるかな?難しいところです。たくさんの人がたくさんの考えを持って生きている。それを知ってもらうには外国語ってすごくいい入り口なんですよね。個人的なことを言えば、英語はもちろんイタリア語、スペイン語、ドイツ語、台湾語ハワイ語なんか喋りたいんですよね。どれも勉強してみようと思って本持ってますがうまくいきません。英語でつまずいたのがでかい。もし、たっくんに買ってあげたらわたしも勉強し直せるかなとかも思っています。

 とりあえず、旦那とよく話し合って決めますがやらない可能性が高いかな。教育は誰のためのものなんだろう。たっくんのためか親の見栄のためか。そこらへん難しいですよね。いい大学が全てじゃないし。たっくんのためになるか否かでちゃんと考えたいと思います。