熊手かき

アラフォーワーママの育児日記。そのほかにも好きなモノ中心に書いてます。読書、映画、ディズニー、リウマチ等々

コロナが近づいてきた

 外注さんがコロナで入院していると言う。事務所閉鎖。今日は41人もコロナ感染者が出たと言う。対岸の火事ではない。たっくんのマスクも少なくなってきたのでマスクの中に入れるガーゼを買ってそれを入れて再使用することにした。というのも、たっくんは行きと帰りからマスクしてないから。大人用はまだあるけど、このまま続くとなくなるから不安。

 

 職場は在宅勤務の場合は給料少なくなるからほとんど使われてない。このまま都が在宅勤務を強く推し進めたらどうなるんだろう?会社の体制も変わるかな?変わらないといろんなお支払いができない。保育園が閉鎖になったらそもそも仕事が出来ないよな〜。旦那が慌ててお水と乾パンを買ってきた。そのあと、20階分の食料を買ってきた。明日生協でお米を買うつもり。旦那はマスクもこんな騒ぎになる前から用意してたし、トイレットペーパーもティッシュペーパーも騒ぎになる前から用意してる。旦那の勘は結構当たる。収束してくれるといいんだけど。

体調悪いは嘘か本当か

 たっくん、昨日は遊びまくったので本日はなかなか起きてこない。そりゃ、仕方ないと思いながら起こしたら「はいほうわるい」と言い始める。何度聞いても「はいほう」と言う。はいほうってなんだろう?もしかして、体調?そう思って「体調悪いの?」と聞いたら「体調悪い」と言い始める。どこか痛いところがあるか聞いたら「頭痛い」と返ってくる。こんな子供で頭痛いってあるの?と思いつつ様子を見てみる。元気は確かにない。本当に体調悪いのかな?慌てて旦那に連絡を取ってみた。電話でも「体調悪い」って言ってる。しかも、足まで痛いって!

 

 これはもしやと思って「嘘ついたら鬼さん来るよ」と言ってみたら目を合わせない。間違いない、この子嘘ついてる!保育園に行きたくないから嘘ついてる!こんな嘘つかれたらどうしたらいいか分からないよ!本当に体調悪い時がわからなくなる。この癖は付かないようにしないと。

小旅行気分なデートと言ってもいいのか

 今日はたっくんが乗りたがってた常磐線グリーン車に乗りに行こうと思う。家で品川〜上野間のグリーン券を買っていざ品川へ!行ってみたら常磐線グリーン車がない。あれ、どこなの?しばらく歩いても見つからないのでたっくんにお願いして東海道線にしてもらう。乗って早々「ポッキー頂戴」と言われる。まぁ、上野までだから急いで食べなよとポッキーを渡しました。わたしは横でオリオンビール飲む。やっぱ、グリーン車といえばビールでしょ!急いで飲んだけど意外と時間がかかるんですね。もっと味わえばよかった。


 さて、上野で東海道線を降りたら今度は新幹線を見に東京へ。いつも、北方面の新幹線を見てるたっくんは本日はのぞみが見たいらしく。のぞみの入場券を買う。のぞみは出入りが激しいですね。あっという間に出て行ってすぐにはいってくる。


 たっくんが満足したので日本橋三越へ。母親がカエルの置物にハマってまして。わたし達が屋上の盆栽屋で買った置物をえらく気に入ってわたしも欲しいと言い出しました。旦那に頼んで昨日買いに行ってもらったら他のも欲しかったと言われる。2つも買ったんですが、どちらも葉っぱの上にいるやつだったので、葉っぱ以外のやつも欲しいと言い出して。せっかく定期もあるしとわたしが見に行くことにしました。ついて早速テレビ電話。あーでもないこーでもないと言って結局くるみの実にカエルが乗ってる置物を買う。お昼も過ぎてたっくんとお腹が空いたねという話になって2人で屋上のフィッシュ&チップスを食べました。そこで飲んだバラ味のレモネードがめちゃくちゃ美味しい!これ欲しい!と思ったけど見たことないからどこにもないのかな?と思ってたら喫煙所でお店の人と一緒になって。軽くおしゃべりしてレモネードの話をしたら「あれ、売ってないです」と教えてくれました。また食べにきますとお別れして盆栽屋へ。気にいるのは高い高い。お金もないのでミニミニを2つ買って鉢に植え替えてもらうことにしました。さすが専門店、簡単に鉢換えしてくれる。「苔をつけますか?」と言われて苔つけ体験もさせてもらいました。楽しい。


 そんなこんなでたっくんとのお出かけは終わりました。帰ってきたらたっくんは旦那と公園に行く。すごい元気だね、たっくん。始めてのたっくんとの大移動は楽しい時間でした。連休中日にすればよかったかも?だけどよかった!

パパは休日出勤中、ままは読書に浸り中

 会社の説明会があるらしく、旦那は休日出勤中。たっくんはレッドフライナーで遊んでる。まったりとした土曜日。金曜休みなの久しぶりですよね。3連休2日が土曜日って新鮮。わたしは在宅勤務してて読めずにいる本を読みます。


 昨日は外出した帰りに本屋に行きました。本屋は宝物探しにうってつけの場所。たくさんの本の中から自分のお気に入りを探す場所。行くと買っちゃうからなるべく行かないようにしてるけど、昨日は言っちゃった。して、何冊か大人買い!旦那には内緒なので隠してあります。散々迷って買った本や一目惚れして買った本まで数冊。本屋はたまらない場所。一人暮らししてた時の金曜は3時間くらいかけて本屋をうろうろしてた。あの時は1冊3千円くらいの本も気楽に買ってたけど、今はそんなの無理。うちにはそんな本が至る所に隠されています。


 独身の時は本を買うのがストレス発散だった。ブックオフより本屋さん。1回3万とか普通にお買い物していたな。罪悪感ゼロですもん。そりゃ、フルに働いて1人気ままな暮らしだから出来るよな。今じゃ3千円でもビビってます。随分変わったもんだ。そう考えると1人も悪くないよなって思う。家族が増えると週1冊だって難しい。違う喜びはあるけど、どっちがいいかは分からない。結婚して9年、出産して3年でもそう思う。結婚するか否かは難しい問題。もちろん、1人だと孤独死問題あるからそれはそれで難しい問題だけど、わたしは好きな本に埋もれて死ぬのも本望だと思う。残された方は本の処理に困るだろうけどね。


 たっくんには本好きになって欲しい。そしてわたしが買ってきた本をどんどん読んで欲しい。純文学からミステリーまで、生物学、哲学、数学とたくさんの本もある。わたしの家は本がない家だったから、たっくんは恵まれた環境だと思うけどな。もちろん、本好きじゃなかったら意味ないけど。いつか、たっくんにオススメの本を教えてもらいたい。そんな日を夢見てる。毒書もあるのでそこは気をつけよう。


 まぁ、ごちゃごちゃ書いたけど、結局何が言いたいかと言うとやっぱり本が好き。

いつか来るかな?

今週のお題「ホワイトデー」

 たっくんは男の子。だから去年からバレンタインのチョコをあげてる。一緒に買いに行って、欲しいチョコを買ってあげる。毎日一粒ずつ食べるチョコ。毎日チョコ食べると言ってくるのがかわいくて。今年は猫の缶に入ったチョコだったので「猫のチョコ食べたい」と言ってきた。旦那には毎年カードをつけてる。たっくん文字が読めるようになったらカードをつけてあげるつもり。後どれくらいだろう?


 さて、ホワイトデー。旦那からはお返しが来るけど、たっくんからはもちろん来ない。だから楽しみなんだ。いつかたっくんからホワイトデーのお返しが来ることが。カードを添えて欲しいけど、強要はできないかな?なんだっていい、たっくんが選んだお返しだったら。そしていつか照れ臭くて「チョコいらない」って言われる日が来るかもしれない。ちょっと悲しいけど、それも成長。照れ臭そうにホワイトデーのお返しをくれるたっくん。そんな日が来たら幸せだと思う。男の子のママの密かな楽しみ。

マイコプラズマ感染症になりまして

 金曜に37.5度の熱を出して会社に行けなくなる。病院にかかって、土日様子見て月曜に熱がなければ出社オッケーと言われて金曜中に病院へ。「コロナじゃないです」と言われて帰ってきて土日大人しくしている。で、今日熱を測ったら37.1。行っていいですか?と連絡すると出社拒否。えー、熱ないじゃん!検査してもらえと言われて途方にくれる。コロナの検査って渋ってるじゃんか!慌てて保健所に電話をしたら「病院経由でお願いします」と言われる。いや、地元の病院コロナの疑いあったら来るなって言ってるのに?食い下がって保健所にどうしたらいいか聞いたら「大きい病院とかならどうでしょう?」と言われて慌ててかかりつけ大学病院に行く。この状態でたっくん預けるわけにも行かないから保育園お休みさせて病院に一緒に来てもらう。


 さて、病院。事情を説明したら元担当医の偉い先生が診てくれる。「簡単に検査って会社もよく言いますよね」と同調された、ですよね。とりあえず考えうる感染症の検査を行うことを提案される。否やはなしだ。血液検査、尿検査、インフル検査、X線検査一通り行っていく。たっくんは退屈でうろちょろするからもう大変。なだめすかして再びの診察まで待ってもらう。呼ばれて行ったら「肺は綺麗だけど、マイコプラズマ陽性だね」だそうで。よ、よかった、引っかかって。これで何も引っ掛からなかったらコロナの検査ってわけにはいかないから延々有給で出社拒否だよ!半月近く続いていた微熱の正体がわかりました。マイコプラズマ感染症です!抗生剤を出されて帰ってきました。


 会社に電話をしたら「それってどうなの、会社来れるの?」と言われたから「行けますよ」と返しておいた。咳でてないし、そもそもコロナ対策でマスクしてるから感染しないと思うし。は〜、大変だった。こんな時、一気に調べてもらえる大学病院は助かるよ。つか、マイコプラズマって子供の病気だと思ってた。たっくんにうつさないように注意しないとね!

リウマチという個性と付き合う

 今日は病院の日。病院の日は何故か雨が多い。リウマチの通院曜日が変わるので、精神科の先生にも曜日変更のお願いをしてみる。これがかなりわたしにはストレスだった。わたしの都合で勝手にお願いするのは気が引けて。でも、先生は快く了承してくれた、ありがたい。土曜診察の枠が増えるらしく、そこに変えてくれてくれるそうで。ただ、4月にならないと予約が取れないから4月は水曜日の診察になった。1年間お世話になりました。最初は頼りなさそうな先生で不安だったけど、話をきちんとしてくれるし、聞き出そうとしてくれるし。いい先生だったのかもしれん。


 で、リウマチへ。寒暖差で体が痛いことを伝える。仕方ないけどね。そのあと本題に入る。今回の本題はコロナの話!わたしは2日で保健所に相談か4日で相談かどっちか聞きたかったんです。つまり、リウマチは基礎疾患に入るのかという話。したらば先生、諭すように話す。「1日でも高熱でしんどかったら直ぐうちに来てください。そのあとの話はうちで判断しますから。2日とか4日とかいう前に午前中のうちに来てください」とのこと。さすが大学病院!わたしはそんなに強い免疫抑制剤は使ってないので、そこまで気にしなくていいけど、免疫は落ちてるからそれなりに気をつけないといけない。


 旦那がね、気にしてるんですよ。わたしとたっくんが罹らないようにマスクも早めに用意していたし、除菌系ももちろん用意してくれた。こまめにマスクの有無を確認してるし。当人であるわたし以上に気を遣ってる。今日の結果を話したら「さすが大学病院」と満足そう。関節の変形はあるけど、症状はそこまで酷くないから普段は忘れがちだけど、わたしはリウマチという個性を持っている。久しぶりにリウマチ、大変だなって思った。定期的に入院生活送るわたしには大学病院って大事だな。出産で入院して4年になろうとしている。4年に1度は入院してるから、そろそろ入院してもおかしくない。コロナで入院だけは勘弁だよ!


 リウマチ罹患者の平均寿命は60歳っていう話もある。本当かは分からないけど。でも、そうならあと20年もない。悔いない人生を送りたい。切実にそう思う。