熊手かき

アラフォーワーママの育児日記。そのほかにも好きなモノ中心に書いてます。読書、映画、ディズニー、リウマチ等々

視覚に訴えるもの 「ハンゲキ」

 私、このシリーズ大好きなんです。詐欺師をやり込める番組なんですが弁護士と詐欺師のやりとりに夢中になってしまう。うちのおばあちゃんは詐欺に遭ってしまった。母親は未だにそれを根に持っている。もしあの時こんな番組があったらまた違った結果になったかもしれない。見るたびにそう思う。

 うちにオレオレ詐欺の電話がかかってきたことがある。今はお母さん助けて詐欺というんでしたっけか?うちの父親が電話に出たんです。弟が事故を起こして訴えられるかもしれないという電話だったらしく。どんな話をしたのかは知らないけれど、最終的には父親がキレて勝手に訴えろ!と怒鳴りつけたら切れちゃったらしいです、電話。うちの母親が出た時はよくわかってなくて出かけるからまた今度と切ったらしい。わかってないのって強い。

 詐欺って気づいても怖くて気づいてないふりしちゃうこともあって…。被害者は本当に辛いんですよね。おばあちゃんは1人で怖い思いをしたんだろうなってすごく思います。弁護士いれたけど、主犯は逃亡しちゃったから地道なことしかできなくて。だからこの番組にだけは絶対詐欺師をやり込めてほしい!うちの親には同じことにならないよう気をつけてほしいし。母親には何度も人のお金でものすごく大事なものを学べたんだよと説得したけど怒りまくってた。今は落ち着きましたけどね。

 人を疑うのは気持ちいいことじゃ無い。でも、信じていいかはちゃんと見極めなきゃダメですよね。