熊手かき

アラフォーワーママの育児日記。そのほかにも好きなモノ中心に書いてます。読書、映画、ディズニー、リウマチ等々

半復活

 今日は朝はお熱はなかったのですが、

午後からお熱が上がる。

でも元気だったらしいです。

もともと平熱が37度の子なので、

38度台だと元気みたいで。

ご飯もおやつもたくさん食べてます。

さすがに38.6度のときは若干グダグダしていたらしい。

でも、昨日よりは元気に遊ぶ。

帰ったらおもちゃ出して遊んでるし。

なんだよ、元気じゃん。

 

 お熱も明日には下がるかな?

下がらなかったら仕事上がりに小児科です。

この感じだとウィルスじゃなさそうな気がしますが、

どうでしょう?

明日はお義母さんが見ててくれます。

いい子にするんだよ、たっくん。

たっくん元気ない

 本格的に発熱しました。

39度越えしてます。

旦那に半休してもらい病院へ行ったら、

ただの風邪と言われたそうな。

水曜日まで下がらなかったらまた来てねって。

その時はウィルスの検査をするそうです。

 

 昨日、ビックリするくらいほかほかなたっくん。

慌てて測ったら38度越え。

しばらくして測ったら39度越え。

夜中に起きて寝苦しそうにしてるから、

旦那が飲ませる!と言って解熱剤を上げる。

それでもすぐには寝ずに、

30分くらいボーっとしてました。

朝測ったときは38度台。

解熱剤の効果が6時間と聞いていたので、

ギリギリ解熱剤の効果ですかね?

お昼に測ったらまた39度超えしてました。

 

 何もできないもんですね。

心配だけど何もできない。

起きたらお水を与えてるけど、

できることってそれだけ。

この頃休みがちで有給が減っているので、

両親にお願いして午後見ててもらう。

ぐったりはしてないけれど、元気ない。

お布団の上でゴロゴロしてたそうです。

でも、わたしが帰ったら元気そうに遊び出す。

よちよち歩いてあっちへ行ったりこっちへ来たり。

「ママがいると違うのね」と言われる。

でも、ママ、何もしてあげられないよ。

膝の上にちんまりと座るからそのままにしたけど、

本当は寝て欲しいですよ!

 

 今日はお風呂に入れず、

お尻だけ洗ってあとは体を拭きました。

発熱中はオムツかぶれをこじらせやすいと

ネットにあったのです。

知らなかったよ。

 

 熱が出てもしばらく様子を見る人もいるんですね。

確かに、熱だけならそうなのかも。

解熱剤使わないで済むならすぐに

受診はいらないですよね。

ウィルスの検査も大体3日後が多いし。

でも心配は心配ですよ。

すぐ連れてっちゃう。

熱慣れしてないからかな?

 

 こんなに元気がないたっくんは初めてです。

早く元気になってね!

こういうとき、子供って他人なんだなって思い知る。

自分だったらどうにかできるのに、

他人だからどうにもできない。

お水あげて、着替えさせて、必要なら解熱剤あげて。

それしかできない。

切ないな。

ひとり時間満喫!そしてわたしの思うママ論

 1人で飲んでました。

ピクルスでハイボール2杯。

そのあとタリーズに来てます。

今絶賛どハマり中の水出しアイスコーヒー飲んでる。

酔いを覚ますのだ!

 

 午前中と午後早くまでたっくんと2人だったんです。

そのあいだ旦那はパチ屋に行ってる。

ふざけんなと怒ったら、

ひとり飲みように500円くれた。

ハッピーアワーなのでお酒代はほぼただ。

ピクルス代だけ出す感じ?

自由だ〜!

 

 「ワカコ酒」を読んでます。

たまたまネットで記事を見て、すごく共感できて。

こうやって1人で飲んでご飯食べなきゃ

太らないのかなとか真剣に思ったりして。

kindleで買ったけれど、

この本は紙で読みたいと本屋で大人買い

とりあえずある分、8冊購入。

久しぶりの大人買い

読んでると飲みたくなりますよね。

渋いものも食べたくなる。

なのにおしゃれなピクルス食べました。

ワカコならなに飲むんだろう。

私は焼酎が苦手です。

でもどうだろう、今飲んだら大丈夫かな?

だからワカコ酒のように焼酎で飲んだりできない。

残念だな。

あんな風に熱燗で、ぬるで、冷でってやりたい!

 

 たっくんといる時間は楽しいけど、

こうやって1人で飲んだりする時間も大事。

そんなママだっていいんです。

そんなママだっていていいんです。

いいママになれなくて苦しんでる人に言いたい。

いいママなんていないから!

そんな存在ないからって。

ネグレストしなきゃなんでもありだって思います。

なにが正しいってないし。

子供の個性とママの個性と。

いろんな組み合わせがあるのだから、

雑誌とかネットとかに載ってる

ママなんかに惑わされないでほしい。

それはあるママの形でしかないって!

わたしの、あなたのママの形はその人のものでしかない。

それでいいんです。

それが最高なママなんです。

子供が笑えば、もういいママですよ。

だから、笑ってほしい。

笑えないママは多分よくないママです。

無理してるからもう一度、

子供と自分とに向き合ったほうがいい。

わたしはたっくんに干渉しないタイプです。

たぶん、一般的な良いママではない。

でも、たっくんにはそんなママがあってるらしい。

カウンセラーの先生の話なので、

わたしのフィルター入ってますが、

あながち間違ってはないと思う。

 

 そりゃ、迷いますよ、わーってなります。

でも、わたしはこんなママにしかなれない。

そんなわたしをわたしは許しますよ。

というか、間違ってるとは少なくとも思わない。

たっくんはこの頃わたしの膝の上にやって来ます。

座ってテレビ見たり、いたずらしたり。

ふれあいが欲しかったら自分からやって来る。

見てて欲しかったらちゃんと合図してくれる。

それがちゃんとわかればあとは自由で良いと思う。

1歳児でもちゃんとアピールしますよ。

構ってほしいって、抱っこしてくれって。

 

 だからこうしなきゃとかああしなきゃとか

こり固まらなくて大丈夫。

雑誌や育児書みたいになれないって、

あの人みたいになれないって思わなくて良い。

子供は勝手に育ちます。

大事なのは背中をちゃんと見せること。

見守ってるって伝えること。

ベタベタしなくても子は育ちます。

ちゃんと甘えさせてって言ってきます。

わたしは泣いてても放っておいたりするし、

一緒に遊ぶのも義務にしてない。

離乳食だってベビーフードだったし、

母乳も出なかったのでミルクでした。

たっくんと離れたいと思ったら離れます。

でも、たっくんはちゃんと育ってます。

こんなママもいるから大丈夫です。

 

 こんな小さなブログで伝わるわけないけど、

叫んでみました。

酔ってるな。

やられる

 今日は疲れが出てしまいました。

たっくんが寝そうだったので、

私もちょっと寝ようと横になりました。

気づくとたっくんはいない。

あれ、どこにいったの?

と思って反対を見たら

開けたばかりのはずのおしりふきがカラになってる。

なにがあったの?

よく見てみたら、

たっくんがおしりふきで遊んでました。

全部出したな!!

まぁ、いたずらしたいお年頃ですものね。

仕方ないか。

はぁ〜。

飲み会でした

 会社を辞める人の送別会をしてきました。

内輪だけなので4人です。

一度家に帰ってたっくんのご飯をあげて、

お風呂に入れてまた出て行くという。

本当せわしない。

でも、いろんな裏話が聞けて楽しかった。

男の人は色々大変ですね。

辞めるのでぶちまけトーク炸裂。

爆笑してました。

 

 その裏でたっくんは遊んでくれる両親がいて、

楽しくて寝るのが遅くなったみたいです。

まぁ、明日は休みだからね。

 

 このメンツでまた飲もうと言う話になりました。

半分辞めて、半分残って。

残ったうちの半分も今日辞める人のショックで

辞めようかなと言い始めるという。

ちなみに、それ旦那です。

苦難を一緒に乗り越えた人だから、

人一倍寂しそう。

でも会えないわけじゃないからね!

また飲もう!

 

オムツしてるのに

 昨日の朝の話。

たっくんはなかなか起きませんでした。

まぁ、ギリギリまで寝ててもらおう。

そう思って洗濯やら洗ったものをしまったりやら、

自分の用意やらをやっていました。

さて、ひと段落ついたからたっくんを起こそうか。

そう思ってたっくんのところに行ったら、

たっくんの下びちょびちょ。

下半身濡れてます。

 

 たっくん、オムツしてるのにおねしょしちゃった。

いったいどこをどうなったらおしっこ漏れるの?

不思議で仕方ない。

それでもたっくんは平気で寝てる。

いやいや、そこは起きようよ。

もじゃもじゃ触ってたらようやく起き出す。

下着まで濡れていたので全部とっかえ。

なんでお漏らししたんだろう?

今日の朝、見てみましたがお漏らしせず。

何があって昨日だけお漏らししたのかしら?

すごく不思議。

書を読むということ「魔界水滸伝2」

 全20巻からなる栗本薫さんのシリーズ、

2冊目読了しました。

ようやく敵がクトゥルーだとわかったところです。

以前読んでいましたが、

うろ覚えだったので楽しく読めました。

いつも途中で断念するこのシリーズ、

今回は大人買いしたので最後まで読めるかな?

 

 先住者に殺されかけた伊吹涼。

涼と共にツァトゥグゥアと対峙した安西雄介。

2人は自分たちに現れた怪物の正体を知るため、

オカルト研究家のもとを訪れた。

クトゥルーの神々は実在するのか?

研究家の見解を聞き、京都に出かけようとする2人。

が、そこは涼の弟、風太が現れる。

団地のみんながおかしいという風太

彼の言葉を確かめるため、安西、伊吹兄弟は

団地に向かう。

そこで待ち受けていたのは人に化けたインスマウス人で…。

必死の戦いの末、団地から逃げ出した安西兄弟。

が、逃げ出した矢先新たな怪奇におそわれる。

もうダメかと思った瞬間、

彼らをある一団が救う。

そして連れていかれたのは

日本を裏で操ると言われる道家の屋敷だった。

古き者たちとの戦いに手を貸して欲しい。

安西兄弟の出した答えは。

ここまでが2巻です。

あきこ夫人の漢字がiPhoneでは出ません。

 

 まだまだ序章です。

クトゥルーという言葉が初めて出てきました。

1巻でわかる人にはわかる単語は出てましたが、

きちんと言及されたのはこれが初めて。

なので、今は安西雄介と同じように流されるだけです。

風太はどこへ行ったのか、

涼はどうなるのか、全くわかりません。

この巻では先住者は目覚めてないと思われる

伊吹風太しか出てこないし。

あれだけ戦う感満載だったのに、

実際は全く何もしてない。

どうするの、先住者たち!

 

 クトゥルー神話は知っていますが、

わたしは読んだことがありません。

クトゥルー初体験は菊地秀行さんの「退魔針」でした。

日本人が書いたクトゥルーしか触れてないです。

持ってるんですが、積読

このシリーズを読み終えたら読んでみたいです。

 

 まだ何も始まってないから実は書くことがないです。

こんだけの大作だと終わってから書いたほうがいいのかも。

雄介に感情移入しようにも突出しすぎてて出来ず、

移入できそうな涼は全く出番なしだし。

だから尚更流されてる感満載なのかも。

お願いだから涼、もう少し頑張って。

3巻に入る前に寄り道します。

でも、今回は絶対読み切ると決めてるから、

頑張ります!