熊手かき

アラフォーワーママの徒然日記。読書、映画、ディズニー、リウマチ等々

バタフライエフェクト効果はあるかな

 『5人のジュンコ』を観てから読みました。アマプラで一気に観た。で、原作読みたくて図書館行ってみたわけです。どっちが好きかと言われたらドラマかな?これも原作先に読んだ方が楽しかったと思う。ドラマは綺麗に完結しているから。あのジュンコの毒婦感もきちんと滲み出ているし。それを期待していたから、ちょっと肩透かし食らった感じがします。原作読んでいたらまた違った感情が生まれていたと思う。2作続けて観なければよかったが続いてますね。

 真梨幸子作品は好きです。イヤミス大好き!でも、この本はイヤミス感が薄いです。バタフライエフェクト感は凄いです。全然違う世界のジュンコが綺麗につながって鬱憤溜まらせるところは綺麗にハマってる。どのジュンコも一筋縄ではいかない。しかもどのジュンコも何かしらある。1番びっくりしたのはドラマになかったあのジュンコの最後ですよ。悲しかった。わたしの立場から見たら悲しかった。どのジュンコかはネタバレなので言わないです。読んでみてください。

 さすがですよね、本当に真梨幸子は読ませる人だ。今回もあっという間に読んじゃった。デビュー作も好きだけど、『人生相談』も好き。2回読んでますからね。もう1冊真梨幸子読むつもりです。また、読まされるのかな?