熊手かき

アラフォーワーママの育児日記。そのほかにも好きなモノ中心に書いてます。読書、映画、ディズニー、リウマチ等々

「恥ずかしい」を覚えた

 保育園のお迎えの時。担任の先生がいたので思い切って聞いてみた。「たっくんは運動会のお遊戯に参加しているのですか」と!すると先生ポカン顔。やばい、説明下手すぎる。「いや、この前見てるだけでお遊戯をしないと聞いたんで」と補足説明をすると、合点がいった顔で「そうですね、あんまりしてませんね」と言われる。やっぱりか。「してくれる時もあるんですけど、他の先生が見てるとしなくなります」とも言われる。あれ、それってもしかして?「恥ずかしいんですね、きっと」と言われてやっぱりそうなのかと思う。たっくん、恥ずかしいを覚えた!なぜお遊戯が恥ずかしいかはわからないけど、恥ずかしいんだね。わかったよ、ママは諦めます。たっくんが運動会の時、曲に合わせて突っ立ってるのを見るよ。一応いろんな人にそう言う状況ということを伝えておきました。かけっこは大丈夫そうだけどね〜。

 

 昨日の夜、たっくんと遅くまで遊んでしまって今日はなかなか起きられず。行かないといってお布団に向かうたっくんを見守る。今日は休ませようかと思うけど、旦那がそれを許さない。でも無理強いはできない。今日は半休覚悟でたっくんと横になる。で、仲良く写メ撮って旦那に送りつけた。怒りマークが返って来けど仕方ないじゃん!しばらくお布団の上で触れ合うとたっくん「行く」と言ってくれたので保育園に向かいました。今日の朝はいい時間だった。こうやってのんびり朝に触れ合うのも良いな〜。