熊手かき

アラフォーワーママの育児日記。そのほかにも好きなモノ中心に書いてます。読書、映画、ディズニー、リウマチ等々

離乳食、試食させようとしてギャン泣き

 今日は離乳食の勉強会に行ってきました。歯のお話もあって助かる。正直な話、歯磨きとか気になっているけれど何も出来なかったんです。歯ブラシは買ったけれど開けられず。結論から言うとまだ歯磨きは不要だそうで。ただ、口の中を触る練習はした方がいいらしい。歯ブラシ握らせるのも有効だとか。あと、哺乳瓶の後はストローマグではなくコップの練習というのも驚きました。ストローマグが先だと思っていたけれど、口の動き的にはコップの方が哺乳瓶に近いそうで。うちには飲み口が細くなっているコップはあるのですが、取っ手はないんです。それでも大丈夫かな?

 で、ここまではたっくんは動き回って他のお友達のところ行こうとしたり、声を出したり機嫌がいい。助かる〜と思っていました。部屋を変えて離乳食の話になった時は抱っこひもで抱っこしてお話を聞く。したらば、たっくん寝てしまう。なおさら助かる!と喜んだのもつかの間、試食の時間になってちょっと抱っこ紐を外した瞬間ギャン泣き。なだめすかしても止まらない。立ち上がっても止まらない。試食させるのは諦めて私が食べました。普通に美味しい。しかも、意外と粒感がしっかりある。こんな感じなんですね。すごく勉強になった。が、お膝の上にはギャン泣きするたっくん。質疑応答の時間は聞きたくてギリギリまでいろんな人の質問を聞いていたのですが、栄養士さんに「お腹減ったのかな?」と言われて「あ、邪魔になる」と心底思って外に出ました。お外でしばらく座っていたら泣き止むたっくん。そして寝始める。でも、その時にはお話も終わっていました。教室に戻ったら栄養士さんが声をかけてくださって。その時に「たっくんがベビーフードしか食べないんです」と相談しました。ベビーフードに手作りを混ぜてあげて、少しずつ手作りの割合を増やしてみては?と言われる。そっか、気づかなかった。

 今日行って、うちの離乳食の量が少ないことに気づかされました。もっとあげるべきなんだって。しかも、ちゃんと主食、主菜、副菜を用意してあげることも。うちはベビーフードなのでおかゆやおうどんにタンパク質が入っているのでお野菜を少し足せばいいと思っていたけれど、もう1品必要なんですね。早速帰ってから大根をやわらかくゆでてベビーフードに混ぜてあげました。あと、ベビーダノンも買ってみる。2回目の離乳食の後のミルクの量がガクンと減りました。これが正解なんだな。少しずつ、頑張ってみます。