熊手かき

アラフォーワーママの育児日記。そのほかにも好きなモノ中心に書いてます。読書、映画、ディズニー、リウマチ等々

旦那、久しぶりにエコーを見に来る。そしてリウマチママさんの葛藤

 今日は検診でした。今日から10ヶ月!でも、今週産まれたら早産なんですね。知らなかった。今のところ生まれる気配がないので正産期に産まれそうな気はする。気がするだけだけど。パパのカンガルーケアをさせてあげたいので頑張らないと!

 旦那が半休をとって久しぶりに検診につき合ってくれた。とは言ってもお仕事が入ったから正確にはエコーを見て帰ったんですが…。最初に赤ちゃんの心拍を測るテストをしたのですが、なかなか終わらない。胎動感じたら押してくださいとボタンを渡された途端に大人しくなる赤ちゃん。なんだよ、それまで動いてたじゃん!

 25分近くテストを受けて、外に出たら旦那が寝ている。起こしてたらすぐにエコー待ち。2人でドキドキしながら先生を待つ。待ってる間、お顔を見せてねってお腹をひたすら撫でていた。だって、せっかく来たのにお顔が見られないなんて切ないじゃないですか!今日はへその緒の状態も見るということでじっくりエコー。お顔もちゃんと見せてくれました。旦那は先生の背中越しにチョロチョロしながらエコーを見てた。なんの問題もなく終了。よかった。

 そのあと助産師さんと話したのですが、リウマチで手首に不安があるので入院中からどう赤ちゃんと接するか考えていくことになりそうです。2500gぐらいで生まれてきそうだから、手首の痛みが出る可能性は高いそうです。抱っこ紐は手放せないかもしれませんねと。本当は母子同室ではないけれど、個室で赤ちゃんとの接し方を学ぶことも考えましょうかと提案されました。長時間の抱っこができないのは覚悟していたけれど、実際はもっと厳しいのかもしれないです。こればっかりは産まれてこないとわからないですけどね。でも、愛情は人一倍かけてあげるつもりです!

 ちなみに、いつも同じところからこんにちは!する何かは足だそうです。足で挨拶してくれてたんだね〜。