熊手かき

アラフォーワーママの育児日記。そのほかにも好きなモノ中心に書いてます。読書、映画、ディズニー、リウマチ等々

子育てはまずは自分育て

 カウンセリングは息抜きで学びの場。今日は出産前最後の日でした。旦那のこと、保活のこと、子育てのこと。目から鱗のことが多くあった。

 私には夢がある。子供には南欧の人のように大らかで自分も人も尊重できる人になって欲しい。自分で考え、自由に生きて欲しい。だから南欧のエッセイを読んでエッセンスを取り入れようとしてるし、旦那にも何度も伝えてる。でも、ダメなんだそうですよ。それじゃ子供が戸惑うだけだって。まず私が南欧人であって初めて子供が安定すると。まずは背中で見せなきゃダメなんだって。正直ああしなきゃ、こうしなきゃって真面目に考えてたけど、大事なのって私自身の気持ちなんですよね。

 ずっとSMAPの「ライオンハート」の歌詞に憧れていた。子供に君のことは2番目に好きだというってくだり。でも、それができないのは母親の方らしい。これも私の気持ち次第。子供と旦那が同じタイミングで話しかけてきた時に旦那を優先できるか。それが肝ですよって。

 でも、子育てって自分人生をやり直すきっかけになるんですともいわれた。そこに子供がいることを忘れずに自分がしたいことをする。それを見た子供が背中で学んでいく。そう思ったら子育ての不安が少し楽になった気がした。今日はすごく良い日になったな。

 ちなみに、私は不安や心配を話していても眉根を寄せないらしい。心の底から悩んでないんですかねって訊いたら、ユーモアがあるんですよと返された。初めて言われたよ。そういうとこ、ちょっと南欧だからうまく子育てできますよと励まされました。なんかホッとできた。