熊手かき

アラフォーワーママの育児日記。そのほかにも好きなモノ中心に書いてます。読書、映画、ディズニー、リウマチ等々

視覚に訴えるもの 「臨床犯罪学者火村英夫の推理」

 2話全編通してみました。朱色の研究とか伏線はってるんですね〜。最後まで見てみたら窪田正孝さんのアリスも馴染んできたけれど、私は敢えてもう見ない事にします。面白かったけれど、やっぱり私の中の2人のイメージを大事にしたいから。

 なんだろう。斎藤工さんは昼顔の時の北野先生の方が火村に近いイメージがあるんです。作り込まれた火村の方が絶対イメージに合うはずなのに、北野先生の諦めざるを得なかった現実やモヤモヤした日常がなんとなく火村の迷いがなさそうで何かを秘めてる姿にかぶるというか。あくまで私的な意見ですけどね。

 だから、私の実写版小説家アリスシリーズはこれにて終了。