熊手かき

アラフォーワーママの育児日記。そのほかにも好きなモノ中心に書いてます。読書、映画、ディズニー、リウマチ等々

読書

書を読むということ「すごいヤツほど上手にブレる」

わたしはよくブレる。 信じた道はあるのに、同調圧力に負けそうになり、 というより、圧力なくても一般的な姿と違うと 「これでいいの?なんでみんなと同じじゃないの?」 なんて不安になって仕方がない。 みんなと一緒が嫌なくせに、不安は止まらない。 そ…

ひとり時間満喫!そしてわたしの思うママ論

1人で飲んでました。 ピクルスでハイボール2杯。 そのあとタリーズに来てます。 今絶賛どハマり中の水出しアイスコーヒー飲んでる。 酔いを覚ますのだ! 午前中と午後早くまでたっくんと2人だったんです。 そのあいだ旦那はパチ屋に行ってる。 ふざけんなと…

書を読むということ「魔界水滸伝2」

魔界水滸伝〈2〉 (1982年) (カドカワノベルズ)作者: 栗本薫出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1982/03メディア: ?この商品を含むブログを見る 全20巻からなる栗本薫さんのシリーズ、 2冊目読了しました。 ようやく敵がクトゥルーだとわかったところです。 以…

久しぶりに読書の話

魔界水滸伝〈1〉 (ハルキ・ホラー文庫)作者: 栗本薫出版社/メーカー: 角川春樹事務所発売日: 2000/11メディア: 文庫 クリック: 2回この商品を含むブログ (13件) を見る 久しぶりに読書の話でも。 いま絶賛「魔界水滸伝」を読んでいます。 いつも途中で挫折し…

旦那に読ませた本の題名

わたしはわたし。そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて。作者: アルファポリス編集部出版社/メーカー: アルファポリス発売日: 2010/07メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 21回この商品を含むブログ (4件) を見る お題「自分を励ます言葉…

育児に翻弄されている読書、映画好きです

今週のお題「自己紹介」 アラフォー初産、もう直ぐ育休明けのママさんです。 カウンセリングの先生曰く、 「片足欧米人ですよね!」だそうです。 旦那に言わせると「幼稚園児」だそうな。 なんだかな。 どちらかというと「今!」で生きてます。 今食べたい、…

麻耶雄嵩作品のドラマ化はモヤる

メルカトル鮎が大好きで、 木更津さんも大好き。 だから正直、麻耶雄嵩作品のドラマ化は複雑。 引っ越しが挟まったから原作が行方不明で 読めない状態なんですよね。 モヤるな、モヤる。 しかも月9だし。 相葉くんは好きなので、さらにモヤる。 見ちゃうんだ…

今更ながら

Amazonビデオに入っていたので1話だけ見ました、 文豪ストレイドッグス! そして、早速コミックス1巻買いました。 本読みにはなかなか楽しい作品ですね。 純文学読むきっかけになりそう。 まだ1話しか見てないのですが、 コミックス制覇してから見るか、 見…

最近流れているニュースに男の子の親のわたしは震撼してます

最近よく流れているこのニュース。 www.news24.jp 男の子供を持つ親としては続報が気になって仕方がない。 旦那はこのニュースを知らなかったようで・・・。 のんきだな~。 わたしは知った瞬間から怖くて仕方ないのに。 もしたっくんがこういう人たちに狙わ…

書を読むということ「夫のちんぽが入らない」

たった今読了。 「お風呂に遅く入ったから、寝癖になるのが嫌なのでもう少し起きてる」 と旦那に言って先に寝てもらって読みふけった。 たっくんがいると読めないから、こんな時間になってしまった。 読みたいと思ったきっかけは、そりゃ題名ですよね。 どん…

「夫のちんぽ」ゲット!

わたしは外に出られないので旦那に頼んでいた「夫のちんぽが入らない」。 旦那は女性店員さんに在庫確認したらしく、 「ほっぺ真っ赤にされたじゃないか、恥ずかしい!」とクレームを入れてきた。 でも、売れている本なんだから店員さんも恥ずかしがらずに対…

小児科3連続

今日も小児科に行って来ました。たっくんの様子が変わるとすぐに怖くて診せずにはいられません。行ってみたら靴脱ぎ場に所狭しと脱がれている靴靴靴!なんなの、これ?入ってみたら居場所ないし。よくよく聞いたら2週間に1度のアレルギーの先生の診察がある…

やっとお座りができるようになる病人

ここ2,3日でたっくんやっとお座りができるようになりました。ちょっと台所仕事していて振り向くとちょんとお座りしてたりして可愛い。RSウィルス感染症になっているのに元気です。痰がからんでたまにゼーゼー言ってますが、大声出してる。今もちんまりお座り…

興味本位で子宮系女子の本を読んでみた

なんじゃ、こりゃ?と思って本屋で手に取った本が子宮系女子の本でした。そういう女子がいるのは知っていました。正直言うとわたしも布ナプキンを使っているのですが、使い始めたのはもう10なん年も前で、今ほど布ナプキンが世に出ていない時。普通に体に優…

書を読むということ「なぜ、マツコ・デラックスは言いたい放題でも人に好かれるのか?」

最初はマツコロイドとの掛け合いの面白さだったと思う。いつの間にやらマツコ・デラックスさんにハマり番組を多く見るようになった。とは言っても今は「マツコの知らない世界」だけですけど。何が面白いって、一癖あるプレゼンターもですが、それをいじるマ…

わたしはコレで妊娠しました

今週のお題「プレゼントしたい本」 実際問題はなんの因果関係もないのはわかっている。そんなことで妊娠できたらバカ売れになっているはずだし。でも、そんな話は聞かないからそんな力はない。でも私はこの本を買ってからすぐに妊娠したんです。2回流産して…

衝撃

旦那に読むといいと勧められた本、「キレる私をやめたい」。読んでみると自分はここまでひどくないな〜と思うんです。旦那にとってはどうだかわからないけれど。出産してからとにかくキレやすい自分をどうにかしたいのは事実。で、読んでみると自分の状況で…

ミリ熱再燃

五條瑛作品を読んで、国際情勢が気になるようになった。福井晴敏作品を読んで、自衛隊が気になるようになった。両方合わせ技で一時期「軍事研究」を買ったり、「フォーサイト」を買ったり。流され侍なんです。 で、今回「シン・ゴジラ」を観て自衛隊かっこい…

書を読むということ 「スパイは楽園に戯れる」

わたしは五條瑛さんが好きだ。でも、ずっと読んでいなかった。鉱物シリーズが書きにくくなったという噂を聞いてからしばらく離れていた。なぜって鉱物シリーズが大好きだったから。本を読む余裕も買う余裕もしばらくなくなったからそれもあったんですけどね…

書を読むということ「センス・オブ・ワンダー」

やっとこさ読了しました。静かで優しい本ですね。自然と触れ合い、心震わせる体験をすることの素晴らしさを書いた本。読んでいると風景が浮かんで、小さな虫たちの音楽や月夜の海が見えてくるから不思議です。 都会にだって夜、虫の演奏会が聞こえる。彼らの…

センス・オブ・ワンダー

たまたま赤ちゃんのディズニーデビューを検索していて出会った言葉と本。本はまだ途中ですが素敵ですね。正直言うとわたしは父親のおかげでかなり自然に親しんだ子供時代を過ごした。別にキャンプに行かなくても、都会の公園でもたくさんのセンス・オブ・ワ…

書を読むということ 「シンデレラの法則」

またやりました、わたし。ディズニーのプリンセスになれますよ的な本に飛びつきました。今回刊行されたのはシンデレラとラプンツェル。次回はベルとアリエルです。この2冊も予約済み。とうとうバラ売りしてきやがりましたよ。白雪姫、オーロラ、ジャスミン、…

書を読むということ 「言ってはいけない」

図書館ですごい予約数の本だった。図書館に行かず、予約だけで本を借りるわたしはたまには違う本を読みたい!と貸し出し数ランキングの上位から選択して読んでみようと思ったんです。それで知ったのがこの本だった。予約数200人以上。いつ読めるかわからない…

書を読むということ「ひとり暮らしのOLを描きました」

1,2巻とも読みました。ネットで見たとき切なすぎてどハマりしたマンガ?のコミック。あるあるあり、さすがにそれは…ありの1日2ページで構成されたマンガです。 とある孤独なOLの日常が切り取られています。カエルのピクルスがお気に入りなんですよね。だから…

視覚に訴えるもの 「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」

最終回まで見ました。もうドキドキ!結局十倉を選んだんですね、みやびは。私は十倉派なので嬉しい。だってやっぱりみやびがのびのびしているもんね。桜井君は少しかわいそうだけれど、そこは青春の思い出として昇華してもらわないと!勇気を出すべき時に出…

書を読むということ 「マイベーシックノート」

久しぶりのおしゃれ本です。Oggiのエディターさんが自分のおしゃれについて書いた本です。特におしゃれな服ではなく普通のアイテムでおしゃれを目指す、そんな本でした。 選ぶ色はやはりグレー、黒、ベージュ、ネイビーの定番カラー。タンクトップはマストア…

書を読むということ「赤ちゃんを朝までぐっすり眠らせたい」

読了しました。いい加減同じような本ばかり読んでいるので同じ内容ばかりになってきました。珍しいのはご近所さんを利用しよう!というところでしょうか。あとは朝は起こすとかドライブとかよくあるパターンの繰り返し。ただ、マンガが多い分字を読むのが苦…

書を読むということ「赤ちゃんがピタッと泣きやむ100のコツ」

読了しました。100のコツシリーズ3冊目。相変わらず読みやすいので授乳の合間にはもってこいの本です。 泣く理由、ママの心得・基本の対処法、ツボ、お助けグッズ、シチュエーション別ヒント集の5章からなっています。やはりというか、寝かせ方とかぶるもの…

書を読むということ 「赤ちゃんがストンと眠る100のコツ」

読了しました。どちらかというと多少月齢が経った子向けの本でしょうか。もちろんたっくんあたりの月齢の子にも使える小ワザはありますがほとんど首がすわって以降のあかちゃん向けです。 眠りのメカニズム、生活リズム、環境、テクニック、布団移動テクの5…

書を読むということ 「フランス人は人生を三分割して味わい尽くす」

読了しました。フランス人の意外な一面を発見して楽しい1冊でした。 三分割の中身は学びの段階、育ての段階、第3段階。第3段階は定年後のパラダイスのことをいうそうです。フランス人はこの第3段階のために生きているようなところがあるそうで…。日本人にと…

書を読むということ 「フランス人は人生を三分割して味わい尽くす」

読み始めました。久しぶりの新書。授乳の合間とお昼寝の合間を見てなのでゆっくりしか読めないけれど、自分の時間も大事だから楽しんでます。力の抜けた人生を過ごすために違う国の人生を読むのは楽しいですね。 昨日まで読んでた神崎恵さんの本。旦那がタイ…

書を読むということ 「「あのコの可愛さは普通じゃない」と噂される女になる」

神崎恵さんの本、もう何冊目だろう。相変わらずタイトルが外で読み辛い本ですね。 シーン別のメイクの仕方と肌のお手入れ方法が書いてあります。その合間にワンポイントアドバイスが文章で挿入されているという形式。なんどもいうが私はスッピン派だ。大切な…

産後骨盤ダイエットに挑戦!

出産前に産後骨盤ダイエットの本を買って実家に置いておいたら、出産直後から利用可能だったと気付いて慌てて実践。腰痛はずいぶん楽になりました。私は背骨とか色々歪んでいたので、これを機に骨格を正したいな〜と思ってます。 もう1冊買ってあるのですが…

図書館から本が届いたらしい

出産前に予約していた本が図書館に届いたらしい。これから読めなくなるというのに。でも実家に帰れば指導とかないし泣いたらどうにかしたらいいだけだし、意外と読めるかな? ディズニーのおもてなしの技術系の本もAmazonで予約していたのが届いて実家に置い…

書を読むということ 「ブレードランナーの未来世紀」

映画はどこまでも深く読める。この本を読んで心底そう思いました。私は表層しか観ていない。表層しか観られない。知識の差はどうしようもないけれど、埋める努力は必要なのかもしれない。勿論、知識があるから評論家なのであって、一般市民にそこまで求める…

書を読むということ 「ブレードランナーの未来世紀」

読み始めました。前回が全く観られない映画ばかりだったので今回は観られる映画中心の本です。映画は監督のバックボーンまで見えるとこんなに興味深いのかと思い知らされました。もちろん知らないで観ても楽しいものは楽しいですけれど。 観られる映画と書き…

書を読むということ 「やりたいことを全部やる人生」

読了しました。「doing」と「being」の長谷川朋美さんの本です。今回はあまりこの2単語は出てきません。より実践的な本だったと思います。 マインド、ライフスタイル、ビジネス、ブランドの4章立てて仕事の極意が書かれています。仕事中心というよりも、自分…

書を読むということ 「フランス人は子どもにふりまわされない」

読了しました。私が憧れているのはヨーロッパのママさんたち。特にフランス人。ママも女性も楽しむ彼女たちの行き方を知ってから自分もやってみたいとずっと思っていました。基本的に自分はどっぷりとハマり込むタイプなので、子どもにハマりこまないように…

書を読むということ 「トラウマ映画館」

読了しました。古い映画は中々お目にかかる機会がないのでこの本に書かれた映画はほとんど見たことがない。というか、もうほとんど見ることがない映画ばかりです。著者自身もアメリカでDVDになったものを再度観たとあるので、日本ではもう見ることができない…

書を読むということ 「365日のプチプラコーデ」

読了しました。無印良品、ユニクロ、楽天のお店を基本に1年間のコーデを写真で紹介する本です。娘さんとのリンクコーデもあるので、女の子のお母さんには2度美味しいかもしれません。 読んでいて思ったこと。このところのコーデ本を読んでいて思ったことでも…

書を読むということ 「進藤やす子の着回しの天才」

読了しました。イラスト着回し術。一つのアイテムに7つの着回し術のイラストが描かれていて面白かった。もちろん、イラストだから実際のお洋服の感じとは違いますけど見てるだけでテンション上がりますね。 中間に有名ブランドについて書かれたページがある…

書を読むということ 「大人ベーシックな着回しコーディネート・ノート」

今日は本を家に置いてきてしまったので、たまたま図書館で予約していた本を読むことにしました。で、読了。 ベーシックなお洋服をオン、オフでアレンジしたコーディネートを載せていたり、自分がなりたいイメージになるために手に入れるべきアイテム、コーデ…

書を読むということ 「365日のプチプラコーデ」

読み始めました。アラフォーデビューとは言っても初っ端からいろんなものを買い足すことができないし、お金もない。というわけで、プチプラでどうにかする技を身につけるために読み始める。 バッグは基本高価なものですが、お洋服はユニクロや無印、ザラをメ…

書を読むということ 「自分らしさを見つけて輝く5つのレッスン」

読了しました。パーソナルブランディングの本です。つまり、自分ブランドの作り方の本。読んでみてハッとなったのが、パーソナルブランドは自分の中ではなく相手の中で生まれるという部分でした。だからいくら自分が自分はこういう人間だ!と思っていても相…

書を読むということ 「石井美保のBeauty Style」

読了しました。基本的に自分のベーシックを純粋に発表するという形の本です。例えば、ヒールは必ず11cmとか、持ち物はできるだけピンクとか。そういうところ、モテるを原則とする神崎恵さんとは根本的に違います。自然に綺麗になりたい人にはこの本を勧めま…

本を読み通す力と楽しむ力をくれた一冊

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE 私の青春の一冊、それは田中芳樹さんの「王子二人」。あの当時「アルスラーン戦記」が映画化された。全く知らない作品なのに観に行きたくてとりあえず原作を手に取ってみた。 でも私、それまで本を読み通すことが…

書を読むということ 「石井美保のBeauty Style」

読み始めました。アラフォー美容家さんの本です。神崎恵さんとは違うアプローチのアラフォーにも手を出してみようと思いまして。メイクはしないけれど、その分地のお手入れは気にする人なのでこういう本も大切! 石井美保のBeauty Style 作者: 石井美保 出版…

書を読むということ 「1/3の服で3倍着回すパリのおしゃれ術」

読了しました。まぁ、半分以上絵なのでスラスラ読めますが。今回は本当に着まわし術だったので楽しく読めました。何を買い足せばいいか、どうアレンジしたらいいかパリジェンヌ風を取り入れて少ない洋服で頑張りたい自分にはすごく勉強になった本です。とく…

書を読むということ 「1/3の服で3倍着回すパリのおしゃれ術」

アラフォーデビューのために着まわし術を勉強しようと読み始めました。米澤よう子さんの本、実は好きなんですよね。アラフォーデビューするけれど買い足すお金が制限されてる私にはちょうど良い本。ナイスタイミングで見つかったな! 1/3の服で3倍着回す パ…

書を読むということ 「あなたがなりうる最高のあなたになる方法」

読了しました。なんか優しい本でした。書いてあることは自尊心を持つことや、完璧主義者にならないこと、悪口を言わないこととごくごく当たり前のことなのに語り口のせいかすごく優しい本に思えました。 アメリカでも人と同じがいいと教えているんでしょうか…