熊手かき

アラフォーワーママの育児日記。そのほかにも好きなモノ中心に書いてます。読書、映画、ディズニー、リウマチ等々

映画

視覚に訴えるもの 「エクソシスト」

超有名なホラー作品。初めて見てみました。とは言っても午後ローなので、カットされた部分は多いとは思いますが…。有名な作品なのであらすじはカットして感想から。 ずっとホラーだと思っていましたが、怖いとは思えなかったな〜。宗教映画みたいな気がした…

授乳クッションの意外な使い方

今日の午後ローは「エクソシスト」でしたね!ホラーダメなわたしがなぜかテレビの前に陣取る。数年前はCMの流れる時間をチェックして絶対に見ないようにしてたのに。 午後ロー前からたっくんは1人ベッドの上でぐずる。でもわたしも譲れない。結果、午後ロー…

書を読むということ 「ブレードランナーの未来世紀」

映画はどこまでも深く読める。この本を読んで心底そう思いました。私は表層しか観ていない。表層しか観られない。知識の差はどうしようもないけれど、埋める努力は必要なのかもしれない。勿論、知識があるから評論家なのであって、一般市民にそこまで求める…

視覚に訴えるもの 「バタフライ・エフェクト」

ずっと昔に深夜映画で観て衝撃を受けた作品です。それを録ったハードディスクレコーダーはもうどこかに行ってしまったので、午後ローで放送されたのを大事に録っておいたんですが、今回視聴。やっぱり午後ロー。ちょいちょい切られてました。 主人公の少年エ…

書を読むということ 「ブレードランナーの未来世紀」

読み始めました。前回が全く観られない映画ばかりだったので今回は観られる映画中心の本です。映画は監督のバックボーンまで見えるとこんなに興味深いのかと思い知らされました。もちろん知らないで観ても楽しいものは楽しいですけれど。 観られる映画と書き…

ギャスパー・ノエ撃沈

旦那に「LOVE 3D」のFacebookに貼ってあった予告編と本編の映像を見せてみた。旦那はアウトデラックスの石坂浩二さんの話を聞きたいとごねたけれど無理矢理見せた。 終わって一言、「これって面白い?」。いや、私には面白そうに見えます。勇気を出して「観…

気づくの遅かった!でも旦那になんて言われるかわからない映画

1人で外に出るのも慎重にならざるを得ない持期に入ってるのに観たい映画が出てきた。でも、明日あたりなら大丈夫な気がする!が、レディースデーじゃ無いから通常の値段。1日公開だったから、もっと早く気付いていれば昨日観にいけたのに! さてその映画はギ…

中途半端でも好きなものは好きなんだ。

一部Twitterで「本好きっていうやつほど本読まない、映画好きっていうやつほど映画見ない」みたいなつぶやきが話題になってますね。私は本も映画も中途半端です。すごく自覚してる。だから、このつぶやきでいうと好きって言ったらダメな人になるのかな。正直…

視覚に訴えるもの 「アンダーワールド 覚醒」

「アンダーワールド」シリーズ最終章でした。これって、さらに続けるつもりあったんでしょうか。そんな感じの終わり方でした。でも、前回の話で終わらせてもよかったかな〜と個人的には思いました。 人間がヴァンパイアとライカンの存在に気付き始めた。2種…

視覚に訴えるもの 「アンダーワールド:ビギンズ」

「アンダーワールド」シリーズ3作目です。今回は過去の話でした。1作目の敵ルシアンが何故ヴァンパイアと戦争をすることになったかが描かれています。 ある日、城の中に幽閉していたライカンから人間の子供が生まれた。ビクターはライカン共々子供を始末しよ…

視覚に訴えるもの 「アンダーワールド:エボリューション」

「アンダーワールド」2作目です。ヴァンパイアとライカンが生まれたきっかけの話というか、1作目の裏話的要素満載の作品でした。ペンダントの謎、セリーンだけが生き残った謎が解明されます。 セリーンはクレイヴンの裏切りを長老の1人マーカスに伝えようと…

視覚に訴えるもの 「アンダーワールド」

ケイト・ベッキンセールは美人さんですね。「ヴァン・ヘルシング」の時からそう思ってたけど、しみじみ感じる。ちょっと 気の強そうな目が特に好きです。というわけで、このシリーズ一挙に観ようかと思いまして、取り敢えず1作目から。 長年続いていた狼男一…

視覚に訴えるもの 「グラスハウス」

どうしても放送されるたびに観てしまう映画がある。私にとっては「グラスハウス」がそれに当たるかな。2も放送される度に観てるし。なぜかはわからない。ダイアン・レインの姿が観たいのかもしれないけど、映画としては既定路線ですよね。 両親を交通事故で…

視覚に訴えるもの 「キャリー(76年版)

ずっと観たいと思っていたのですが、ホラー苦手な自分はなかなか手が出せず。4月にイマジカBSで13年版が放送されるので見比べたいと思いとうとう観てみました。 冴えない高校生キャリーはクラスの女子から虐めを受けている。初潮を迎えた彼女に母親は罪の印…

視覚に訴えるもの 「ガーゴイル」

私は映画が好きだけど、正直初心者だ。俳優の名前はそれほど知らない。だけど、昔読んだ何かで知ったヴィンセント・ギャロという名前を覚えていた。そのヴィンセント・ギャロが出演と書いてあったので観てみました。 フランスに新婚旅行にやってきたブラウン…

視覚に訴えるもの 「ぼくのエリ 200歳の少女」

スウェーデン版の映画です。アメリカ版は「モールス」って名前ですよね。北欧の映画をリメイクするのが流行っていたのかな?アメリカ版はホラー恋愛映画とあるけど、スウェーデン版は完全に淡い恋愛映画です。 いじめられっ子の少年・オスカーの隣に引っ越し…

旦那の休みとこの頃よく流れるビオランテ

ようやっと旦那が有給を取れた。今日は多摩川河川敷に桜を見に行ったけど全然咲いてなかった。残念。仕方ないので亀屋万年堂の串餅の桜味を2人で頬張る。3歳くらいの男の子が2人遊んでいる姿を盗み見ていた。あっちこっちと動くからお母さんは大変そう。3年…

視覚に訴えるもの 「ペネロピ」

「アナと雪の女王」を観てるみたいだった。全く同じじゃないけれど、子供のためと隠されて育てられた少女。愛されていなかったわけじゃない。愛されていたからこそ、すべての困難から遠ざけたかった。魔法を解く鍵がわかっていた分、ペネロピの方が無力感に…

視覚に訴えるもの 「ブラック・スワン」

ナタリー・ポートマンがとても綺麗な映画ですね。表現者はただ羅列を覚える、なぞるだけじゃなくその奥深くに自分なりの情熱、狂気を宿さないといけない。私はピアノを習っているけれど、いつまで経っても羅列の模倣以外のものを見出せない。それでも結婚し…

視覚に訴えるもの 「ラースとその彼女」

優しい映画ですね。ラースの精神世界にみんなが同調する。人形崇拝を冒涜だという人間もいるけど、すべてはイエスのお導きと受け入れる。心が温かくなった。 ラースは人と触れ合うと痛みを感じてしまう。だから人との距離をとりがちだ。兄夫婦の家のガレージ…

視覚に訴えるもの 「もらとりあむタマ子」

やっと観られました。劇場公開時にYouTubeでよく見てたので、劇場に行こうか本当に悩んだ映画です。結局時間がなくて行けなかったから3年目にしてようやっと念願かないました。 大学を卒業し、就職をせず実家に帰ってきたタマ子と父親の日常が綴られている映…

視覚に訴えるもの 「es」

いや、何度観ても胸くそ悪い映画ですよね。もう3度見てるけどいつもそう思う。なのに観ちゃうんだ、私は。そういう性格らしいです。嫌なのに塞いだ手の間から観ちゃう人。でも、この映画実話ですからね。そっちのほうが衝撃。 アメリカで行われたスタンフォ…

視覚に訴えるもの 「ミレニアム2 火と戯れる女」

スウェーデン版というか、それしかないんでしたか、2は。観てみました。リスベットの謎がほぼ解明された話でしたね。以前よりも女性っぽくなったリスベットは前のただ何をするかわからない強いだけの女よりずっと魅力的になっていた気がします。自分の人生に…

プレイステーションVRは映画好きにもオススメなんだって

旦那が待ち遠しくてたまらない商品、プレイステーションVR。価格と発売日が発表されましたね。10月に約5万円。うちはプレイステーションムーブと、カメラがすでにあるので、VR代のみで済む。「毎月1万円ずつ貯めていく」と子供のようにはしゃいでる旦那に若…

観たい映画が増えていくけどお腹が心配

今日、上映までの予告で観たい映画また発見!しかも2つ。「孤独のススメ」と「さざなみ」。どちらも4月9日公開だそうです。あー、すごく不安な日付。予定日は28日だけど産気づいてもおかしく無い日取り。 しかも、もう1つ気になることがあって。旦那が「さざ…

視覚に訴えるもの 「人生は小説より奇なり」

たまたま予告編を観た。結婚式を挙げた2人の男、ジョージとベン。中年と老年の2人は39年間連れ添っている。誰よりもしあわせで輝かしい日。でも、それは長くは続かない。ジョージが仕事を失ったからだ。家を売りに出すことになり、住むところを失った2人はそ…

視覚に訴えるもの 「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」

暇だったので撮りためておいた「ドラゴンタトゥーの女」を観た。ハリウッド版じゃなくスウェーデン版。リスベットがかっこいい。ひどい目にあわされてもやり返す強さが目力に現れていて素敵。 なのに途中からミカエルといい感じになると目の力が弱くなったと…

新しく観たい映画が出てきた

「女が眠る時」の前の予告で観たい映画が現れました。「人生は小説より奇なり」。39年連れ添ったゲイの老人カップルが結婚して幸せを得られると思ったが…。というお話らしい。これは旦那も見てみるかなと思って予告編観せたら「あ〜、好きそうな映画だね」の…

視覚に訴えるもの 「女が眠る時」

観に行ってきました。最初入った時誰もいなくてビビる。劇場は小さかったけど、ここで1人で見るのは怖いよ〜と本気で思ってしまいました。幸いなことに座ってたらポツポツ人がやってきて一安心。年齢層は中年しかいなかった。私がもしかしたら最年少だったか…

感受性の強い人には向かない映画 「パシフィック・リム」

「パシフィック・リム」が地上波放送と聞いて旦那に言ったこと。「絶対見ない」 怪獣映画大好き旦那に連れられて「パシフィック・リム」を映画館に観に行った。IMAXのフルスクリーンでお兄ちゃんがあんなことになった時、ショックのあまり息が止まった。各国…